マイマイのらいふろぐ

元SEアラサー女マイマイの自由気ままの日記帳。

モチベーションを保つのは難しい、けど。

梅雨入りして、やっと梅雨らしくなってきた今日この頃、色々と考える日々が続いております。何気ない毎日、同じことが続いている毎日、自由な時間のある毎日。そんな中で、SE復帰に向けてのモチベーションを保つのが難しいと感じるようになってきました。

 

東京でのSE復帰を目指している私にとって、今は色々と勉強出来る貴重な時期だと考えています。でも、東京行きが確証されていない(親は反対)中、なかなか勉強をやる気力が起きないことが多いです。所謂、実家という魔力もあるのでしょうか(苦笑)

 

一旦は、父が働いているところでアルバイトをすることに決めて、今年の秋頃から来春くらいまでは様子見というところですが、その間も果たしてモチベーションを保つことが出来るでしょうか。少々不安です。

 

周りに友だちもいない、話す相手は親だけの状況で、SE復帰に向けての本音を話せる人もいない。SE復帰に向けて、勉強したいことはあるのに、なかなか身が入らない。最近、モヤモヤっとした気持ちを抱えたまま過ごしている感じです。

 

気持ちが焦ってるのかな、そんな時期もあるってことなのかな。今ここは乗り越えなきゃいけない壁なのかもね。人と違う道を歩むのって、そう簡単なものではないからね。

 

体調は良く、リハビリ通院も再開している中、一旦は別の仕事ではあるけれど、仕事をし出せば、また何か変わってくるのかもしれません。

 

..........

 

...と色々書いてきましたが、なんか、勉強に手を付けない理由探しをしてるみたいで、書いてて恥ずかしくなってきました。。。元気でふつうの生活を送れているだけでも幸せなはずなのに、もう少し、気を引き締めないといけないのかも。

 

私はまた東京に戻るんだーーーーーー!!っと、叫んで改めて、決意表明してみる(笑)

 

よし、今からまた頑張ろっ!!!

 

再就職準備支援計画の見直し。

今、実施中の再就職準備支援計画(以下、リハビリプログラム)ですが、始めて間もないですが少し無理がたたり、体調を崩してしまいました。。。(- -;

 

このまま続けたところで、また体調を崩してしまうのもアレなので、今一度、リハビリプログラムの見直しを行うことにしました。

 

自分の気持ちも体も仕事モードにするには、短期決戦と考えていました。というのも前職の復帰プログラムがそんな感じだったから、同じ感じで短期決戦で考えていましたが、やはり1年半というブランクはそうそう簡単に勘が戻りそうになかった、甘く考えていたようです。

 

なので、以前は7月に復帰を考えていたのですが、少し長い目で焦らずに進めるために、仕事復帰の時期は9月とし、ゆっくりとリハビリプログラムには取り組むことにします。

 

そのため、前期、中期、後期、と期間と目標も少し変えて、9月復帰仕様に書き直しました。来週通院で面談があるため、その時に臨床心理士の方にも見てもらう予定です。

 

知らず知らずのうちの無理がたたってました。これは、早いうちに気づけてよかった、という考え方で捉えて、これからもリハビリプログラムを継続して実施していきます。

 

 

自分に合う職務経歴書の書き方とは。

ただ今、職歴を絶賛棚卸中ですが、実は職務経歴書って色々な書き方があることを知りました。元々フリーフォーマットなんですって、職務経歴書。ただ、自分をいかにアピールできるかにかかってくるので、書き方も考えておかなければいけません。

 

ので、色々と調べたら、いくつか書き方があることが分かりました。

www.hatarako.net

職務経歴書は、主に3つ。

  • 編年体
  • プロジェクト式
  • キャリア式

 

記事を読んでいると、職歴の棚卸にも関係してきそうな予感。。。

 

今職歴の棚卸をしていて、まず自分がしたことは編年体式の形式で、これまで携わったプロジェクトを年月の古い順から書き出すところからでした。そして、まさに編年体式で職務経歴書を書こうとしていました。

 

まぁ、10年働いていたので、携わったプロジェクト数が多すぎて、実は若干職歴の棚卸が億劫に感じていたのです。。。ただ、自分の職歴を見てみると、同じプロジェクトを間を挟んで何回か携わっていることが目に付きます。

 

ふむふむ。これは、編年体式で書くのはあまり有効ではなさそうだ、という結論に、まず至りました。かといって、私は何か管理職につく等のキャリアがあった訳でもない、のでキャリア式は消去法でなし。

 

ということは、私に合った職務経歴書の書き方はプロジェクト式になるわけです。今一度、プロジェクト式での職務経歴書の書き方をググってみると、ありました。私のように多数のプロジェクトに携わってきた人の職務経歴書の書き方が。(「職務経歴書」「多数」等のキーワードで検索すると出てきました)

 

プロジェクト式で職務経歴書を書くことで、今後の職歴の棚卸の方法も変わってきそうでした。確かに、複数のプロジェクトに携わった経験を全て書くのは、自分をアピールするにはいいでしょう。でも、それを全部読む側に立ってみたら、、、と考えたら、自分の強みをアピールできるプロジェクトを抜粋して書いた方が、書く側、読む側、どちらにとっても良いのかなぁと考えたりしました。

 

なので、私の場合はプロジェクト式の職務経歴書の書き方で臨むことにします。なので、強みとなるプロジェクトを抜粋して(もちろん他のプロジェクトの説明もきちんと出来るようにはしておきますが)、プロジェクト単位で職歴の棚卸をしていこうと思います。

 

これはあくまで、私のケースであって、ほかのみなさんは自分に合った職務経歴書の書き方を見つけてから、職歴の棚卸はした方が効率的ですよ、というお話でした。

 

参考になれば、これ幸い。

 

LinuxとPythonのインストール。

本日2つ目の投稿です。記事がようやくまとまったので、続けてUpします。

 

目次

 

イメージファイルの準備

Linuxは今回Ubuntuを使うことにしたので、Ubuntuのサイトからイメージファイルをダウンロードしてくる。

The leading operating system for PCs, IoT devices, servers and the cloud | Ubuntu

f:id:maimai32:20170520173157p:plain

上部のメニューの青四角で囲ってある「Download」をクリック。

 

f:id:maimai32:20170520173524p:plain

今回は、Desktop版をインストールすることにする。青四角で囲まれている「Desktop Ubuntu >」をクリック。

Server版と迷ったところではあるが、久々にLinux環境を触ることとUbuntuがお初ということもあり、GUI環境の安心感が欲しかった。

 

f:id:maimai32:20170520173811p:plain

バージョンは16.04.2を選択。「Download」をクリック。

ふむふむ、メモリが2GBあればよいので、私のPCでもギリギリ大丈夫そうだ。(私のPCは4GB)

 

この画面の後、寄付をお願いされる画面が出てくるのだが、すみません、お金がないので、全て0$でダウンロードさせてもらった。

 

f:id:maimai32:20170520174142p:plain

ファイルのダウンロードをお知らせするウィンドウが出てくるので、ファイルを任意の場所に保存する。ファイルがでかいので、少し時間がかかるが、辛抱強く待とう。

 

これでイメージファイルの準備完了。

 

VirtualBox仮想マシンを新規作成

次はいよいよVirtualBox仮想マシンを作っていく。どうか、スムーズにいきますように。

 

まずはVirtualBoxを起動。

f:id:maimai32:20170520174427p:plain

「新規」をクリック。

 

f:id:maimai32:20170520174522p:plain

「名前」の部分にOSの名前を入れると「タイプ」と「バージョン」が自動的に選択される仕組みなので、「Ubuntu」を入力してみる。

f:id:maimai32:20170520174631p:plain

出た!・・・ん?カッコで32bitって書いてあるけどなんでだろう。多分、大丈夫かな。

という感じで、「次へ」ボタンをクリックしてしまった

 

f:id:maimai32:20170520174756p:plain

仮想マシンのメモリサイズを決める。Ubuntuのダウンロードサイトにもあった通り、2GB必要なので、タグを動かし2GBにし、「次へ」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520175026p:plain

仮想ハードディスクを作成するかどうかの選択画面。「仮想ハードディスクを作成する」を選択し、「作成」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520175150p:plain

ハードディスクのファイルタイプを選択する画面。ここはデフォルトで選択されてあった「VDI」を選択したままで「次へ」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520175304p:plain

物理的にハードディスクをどのように作成するかを選択する画面。初めてでよく分からなかったが、ハードディスクには十分に余裕はあるので、可変サイズを選択し、「次へ」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520175532p:plain

仮想ハードディスクのファイルを保存する場所とサイズを選択する画面。ひとまず20GBまでタグを移動させて「作成」ボタンをクリック。

※ここでお気づきの方がいると思いますが、Ubuntuのダウンロードサイトでは25GB以上が必要と書かれてありましたが、それを見落としてましたので、この後、30GBで作成しなおしました(涙)

 

CPUの仮想化支援機能の設定の確認

さぁ、いよいよUbuntuのインストール。不安は仮想マシンの選択で32bitと出てきたところ。でもひとまず実行!

 

f:id:maimai32:20170520180220p:plain

イメージファイルの選択画面。準備したイメージファイルを選択し、「起動」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520180309p:plain

おっ!いった!!・・・と思ったら、やっぱり64bitのイメージファイルを32bitの仮想マシンにインストールすることは出来なかった...orz

ただ、選択肢に64bitが出てこなかったのが、原因のようだ。あそこしかない。でもどうすれば64bitが出てくるようになるか分からない。

 

というわけで、Google先生に助けを求めたところ、以前もハマったことのあったCPUの「仮想化支援機能」が原因のよう。

 

私のノートPCはIntel製のCPUなので、BIOSの「Intel Virtualization Technology」の設定を確認してみる。すると、「Disable」になっていた。原因はこれだ。仮想マシンを使う場合はここが「Enable」になっている必要があるので、設定変更し再度チャレンジ。

 

VirtualBox仮想マシンを再度新規作成

f:id:maimai32:20170520180939p:plain

出てきたー!出ました、Ubuntuの64bitのバージョンが。あとは先ほどと同じ手順を踏んで、起動すると、無事インストールが完了いたしました。

 

今回学んだのは、

  • ダウンロードサイトに書かれてあるOSの起動に必要なリソースの確認
  • 仮想環境作成時にはCPUの仮想化支援機能の設定に気をつけろ

ということでした。

 

いやぁでも、無事完了出来て何より。次は、Pythonのインストール手順について書くつもりだったが、Ubuntuにすでに入っており、バージョンを確認する程度で済んでしまったので、Pythonのインストールはここでは割愛させていただくことにする。

 

再度、おつかれっした!

 

 

VirtualBox5.1.22のインストール。

先日、PythonおよびLPICの勉強環境を作成したので、その手順を残しておきます。自分の備忘録としても、ゼロからPythonを学ぶ人にとっても、参考のページになってほしいと思います。

 

目次

 

まずは、VirtualBox(使用PC上に仮想環境を構築してくれるフリーのソフト)の準備から。LinuxのインストールとPythonのインストールは次の記事にUpする。

 

VirtualBoxのダウンロード

VirtualBoxは以下のサイトからダウンロードする。今回使用するバージョンは最新版の5.1.22。

Oracle VM VirtualBox

 

f:id:maimai32:20170520092140p:plain

 真ん中の大きな青ボタンをクリックする。

 

f:id:maimai32:20170520093517p:plain

今回私のPCはWindowsなので、「VirtualBox 5.1.22 platform packages.」の赤の四角で囲ってある箇所をクリックする。

 

f:id:maimai32:20170520093816p:plain

ファイルのダウンロードをお知らせするウィンドウが出てくるので、ファイルを任意の場所に保存する。

 

VirtualBoxのインストー

保存が完了したら、ダウンロードしたファイルをダブルクリックする。セキュリティの警告が出てくるが、発行元(Oracle Corporation)を確認した上で実行ボタンを押す。

 

f:id:maimai32:20170520094142p:plain

f:id:maimai32:20170520094149p:plain

インストーラが起動するので、「Next」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520094234p:plain

インストールするものと、インストールする場所の確認。特に今回はデフォルトから変える必要はなかったので、そのまま「Next」ボタンをクリック。インストールする場所を変えたい場合は、「Browse」ボタンで変更が出来る。

 

f:id:maimai32:20170520094456p:plain

インストールする時に、デスクトップやらメニューやらにVirtualBoxのショートカットやメニューを作成するかの確認。ここもデフォルトのまま「Next」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520094657p:plain

VirtualBoxをインストールする際にネットワークが一時中断するので、問題ないかの確認の画面。もし何かネットワーク接続をしている場合は、ここで一旦切っておくことをおすすめする。問題がなければ「Yes」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520094831p:plain

インストールを開始するよ、のお知らせの画面。「Install」ボタンをクリック。

 

f:id:maimai32:20170520094914p:plain

インストール中の画面。

 

途中で以下のインストールの確認を求めてくるが、VirtualBoxを動かすのに必要なものと思われるので、全て「インストール」ボタンをクリックした。

※ここは、自分の判断で必要だろうと判断しただけなので、後日、もう少し詳しく調べて追記するこにする。

f:id:maimai32:20170520095142p:plain

f:id:maimai32:20170520095156p:plain

f:id:maimai32:20170520095205p:plain

 

f:id:maimai32:20170520095218p:plain

インストール完了画面。「Finish」ボタンをクリックすると、VirtualBoxが起動する。

f:id:maimai32:20170520095257p:plain

この画面が最後に出てくれば、インストール成功。

 

拡張パッケージのインストー

何やら、色々と調べているとVirtualBoxに拡張パッケージというものがあり、それもインストールしておいた方がよさそう、ということなので、インストールする。

※この辺は今の私の知識不足&語彙力不足です。良さそうと判断したのは、必要と感じたからですので、全く知らずにインストールしたワケではありません。後日、ちゃんと調べた上で改めて、UPしますので、しばしお待ちください。

 

VirtualBoxのダウンロードサイトに戻り、

f:id:maimai32:20170520095717p:plain

VirtualBox 5.1.22 Oracle VM VirtualBox Extension Pack」の「 All supported platforms」をクリック。

 

f:id:maimai32:20170520095915p:plain

ファイルのダウンロードをお知らせするウィンドウが出てくるので、ファイルを任意の場所に保存する。

 

ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリック。

 

・・・何も起きない。

 

本来なら、VirtualBoxが起動してインストールする旨のメッセージが出てくるらしいのだが、私のPCでは何も起きなかった。原因は今調査中。分かり次第Upします。もし、VirtualBox5.1.22で拡張パッケージのインストールがうまくいった方はご連絡頂けると助かります。

 

以上で、VirtualBoxのインストール完了となる。基本的にはウィンドウに従って、手順を進めていっただけなので、特に問題はないと思う。というか、今のところ不都合はおきていない。

 

次は、Ubuntuのインストール。これがまた躓いたりしたので、次回の記事のUpをお待ちください。

 

お疲れさまっした!