読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイマイのらいふろぐ

元SEアラサー女マイマイの自由気ままの日記帳。

Pythonの実行環境をどう作るか考えてみた。

Pythonを勉強するにあたり、まずは動作環境を自分のノートPC上に作り上げねばならない。机上の勉強だけじゃ、プログラミングは絶対に身に付かない、と私は考えている。自分で書いて、人のを真似て、上達していくものだ。

と、ここで、動作環境に関して、ノートPCに入ってるOSのWindows7上で動作させ勉強するか、それか仮想環境を作ってLinux上で動作させて勉強するか、どこかの動作環境が準備されているサービスを利用するかの3択が迫られる。多分、以前の私なら迷わずWindows上での勉強を選んでいただろう。しかし、今はLPICの勉強もしているし、どこかのサービスだと使用に制限が出てきそうなので、今回は、LPICの勉強も兼ねて、ノートPC上に仮想環境を準備し、そこにLinuxをインストールして、そこでPythonも動かして、勉強を進めていこうと決めた。1つ心配なのはメモリが4GBしかのってないので、メモリ不足にならないかちょっと心配。。。

というわけで、まずはノートPC上に仮想環境を準備し、Linuxをインストールして、Pythonをインストールするところまでしないといけないわけで、、、なんか大変そう。だけど、仕事であれば、これは1日でやりきらないといけない仕事量なワケで、きっと私はそれをやりきるだけの力を持っているはず。ここで心折れてはいけない。

まずは、仮想環境の準備。仮想環境はフリーであるVirtual Boxを利用する。理由は、、、LPICのテキスト(あずき本)にお勧めで書いてあったからだ(笑) 本来なら、仮想環境の選定からしてもいいと思うのだが、今回はそれが目的ではないから、テキストのおすすめ通りに進めておくことにする。仮想環境の選定は機会があればぜひともやってみたい。

次はLinuxのインストールだ。Linuxにはいくつかのディストリビューションがあるが、今回はお初のUbuntuを使用してみようと思う。前職ではよくCentOSを使っていたので、どういった違いがあるかも見てみたいなというのが動機。あと、日経Linuxでもよく取り上げられてるっていうのもあるし、分からなくなった時の情報は十分にあると判断した。

最後に、Pythonのインストール。一応、Windows上にもインストールしているが、インストーラに従ってほぼデフォルトで入れていっただけなので、パイソニスタになるには今のところダメなやり方。。。というわけで、Linux上ではちゃんと1つずつ確認しながら入れていこう。

さて、明日一日をかけて環境を構築する。その後、構築手順がまとまったら、また記事をUPしていくつもり。

こういった書き物はしたことないから、文言等不適切な表現や誤り、こうやって書いた方がいいよ等がありましたら、お知らせくださいませ。

 

よし、頑張る!